ファクタリング会社の必要性

キャッシュ(現金)がないために、決算上は黒字であっても、売掛金ばかりあって倒産してしまう会社があります。


この場合、売掛金とは、会社が商品やサービスを提供したというのに、まだお金を支払うってもらってない状態にある場合、その金額をいいます。
物やサービスをお客さんに渡したけどまだ払ってもらっていないお金の金額です。

ファクタリングの情報を手に入れてみませんか?

利益があってもそれが全部売掛金ばかりですと現金不足で会社は倒産してしまいます。
これを黒字倒産と言います。これを避けるためにはどうしらよいでしょうか。

BIGLOBEニュースが一般的になってきました。

あるいは、この黒字倒産のような極端な場合でなくても、例えばある会社が他の会社に商品を納品した場合、お金を払ってもらう時期が1か月後と契約した場合を考えてみましょう。

この会社は、家賃、リース料その他ですぐにでも現金が必要です。

そうした場合、その現金を普通は銀行から借りるでしょう。
しかし銀行からも断られた場合どうしたらいいでしょうか。このとき、ファクタリングが行われます。

ファクタリングとは売掛金(払ってもらっていないお金)を即日で会社に渡し、その会社に代わって顧客からお金を回収することです。この代理回収をする会社がファクタリング会社です。



現金がないとき自社でも顧客でもない第3者としてのファクタリング会社がその仲介をしてくれるわけです(もちろん手数料や金利がかかります)。

デメリットとしては、やはり法的手続きが複雑で登記などが簡単にできるものではないということやファクタリングを行うときは顧客の了承、承諾が必要とされるという壁があったりします。

しかし今後、ますます必要とされる新しい取引の形であると言えましょう。