診療報酬債権を元にしてのファクタリング

医療機関や薬局が保険診療、保険調剤を行って受け取る保険診療分について、将来にわたって受け取れるであろう権利を元に、借り入れを行うことがあります。

このことをファクタリングと呼んでいますが、このファクタリングによって医療機関や薬局などが設備などを充実させたりします。

今、話題の便利な教えて!gooの有益な情報を提供します。

また、診療報酬では、保険審査機関すなわち国民健康保険団体連合会及び社会保険診療報酬支払基金から診療報酬債権を受け取るであろう額を算定して、審査が行われます。
そもそも医療にあっては、患者が負担する自己負担額分と、残りを保険機関が支払うものとに分けられますが、患者が負担するものはともかく、残りの診療報酬債権を確実に受け取れるという目安が立ちやすいです。


将来においてよほどのことがない限りは受け取れる権利な訳ですので、貸しておいても返済の当てがある程度は立てやすいと言うことに繋がると言えます。

この診療報酬債権では、患者数とその患者の診療報酬単価を元にしてファクタリングの計算を行っていきます。

すなわち、計算がしやすくどの程度までなら貸し出しても返済が行えるか、貸す側にとってある程度は安心して貸し出せるわけです。

このサイトで診療報酬債権ファクタリングについての知識を高めてもらうためのサイトです。

無論、その地域がある程度患者数が今後もいることが前提ですので、地域によっては患者数が減少していく恐れがないわけではありません。リスク回避の点で、医療機関等は余程のことがない限りは計算がしやすいと言うことで、貸し出しやすいと言う発想です。