ファクタリングで資金繰りを改善する

企業間同士の取引では一般的にその場で現金の取引を行わずに、後日現金を支払う掛け取引が採用されています。

商品やサービスを購入する方にとっては、すぐに現金を支払う必要がありませんので、資金繰りの面ではメリットがあります。

ファクタリングといえばこちらです。

一方、販売側にとっては、商品を売ったにも拘らずすぐに現金を手にすることが出来ないことになります。

wikipediaの情報を要約した情報サイトです。

また、期日になっても現金が回収出来ないリスクも発生することになります。最悪の場合は、利益が出いてるにも拘らず倒産してしまう、黒字倒産に陥ってしまう可能性も出て来ます。

そう言ったリスクを回避するために、ファクタリングを活用する手段があります。

ファクタリングとは、期日到来前の債権を買取ってもらうことです。本来は、取引先と定めた支払サイトが到来するまでは、売掛金を回収することが出来ませんが、ファクタリングを活用することによって、期日到来前に売掛金を回収することが可能となります。

これによって、資金繰りが改善されることに加えて、将来貸倒になるリスクも回避することが可能となります。ただし、ファクタリングを活用する場合は、債権額の満額を手にすることは出来ません。



債権回収期日までの利息に相当する手数料を負担する必要があります。

また、この手数料は売掛先の信用力によって変わって来ますので、信用力の低い売掛先の場合は手数料負担が増えることになります。しかしながら、資金繰りの改善に関しては、ファクタリングは有効な手段と言えます。